特集インタビュー求人

職場は街! 自由な発想で住まいや暮らしを提案する人材、求む! 中古リノベーション住宅のセレクトショップ 株式会社ツクルバcowcamo(カウカモ)事業部

暮らしや住まいへの意識の高いメンバー同士、関わり方や年齢に関係なく話がはずむ。

「株式会社ツクルバ(以下ツクルバ)」は、リノベーション住宅に特化したオンラインマーケットの運営や、コワーキングプレイスの運営、空間デザインなどを手掛ける企業。センスのよさと、高いプロフェッショナリズムに定評がある。

そのツクルバのリノベーション住宅のオンラインマーケット『cowcamo(カウカモ)』事業が、自由な立場で住まい探しをサポートする「住まい探しアドバイザー」と、社員として仲介に携わる「エージェント」で人材を募集している。

今回の募集職種である「住まい探しアドバイザー」や「エージェント」とはどのような仕事なのだろうか。また、ツクルバのミッションや、社内の雰囲気は? ツクルバ代表取締役CCOの中村真広さんをはじめとしたメンバーの皆さんに、お話しを伺った。

個性ある住まいと、暮らしを楽しむ住み手をつなぐ

ツクルバ代表取締役CCOの中村真広さん
ツクルバ代表取締役CCOの中村真広さん

中村真広(以下中村):ツクルバは創立から5年強の新しい会社です。僕は株式会社コスモイニシアというデベロッパー勤務を経て、共同代表の村上浩輝らとカフェを始めたのですが、それがツクルバ創業のきっかけとなったプロジェクトでした。小さいながらカフェという場を作ったことによって、単なる空間ではなく、そこで起こるコトや醸成されるコミュニティも含めて作っていく“場作り”の大切さに目覚めたのです。

——それで社名も、ツクルバ(作る場)なんですね!

中村:ツクルバ創業後、空間プロデュース・デザインの仕事をしていくなかで、今回募集する職種が所属する事業部、リノベーション住宅のオンラインマーケット『cowcamo(カウカモ)』をはじめました。共同代表の村上とは最初に就職したデベロッパーで出会っているので、「せっかくなら住まい領域の事業を立ち上げたいね」と。

——最初に働かれていたのは大手デベロッパーですよね。ツクルバで住まい領域の事業に進出するにあたっては、その頃の知見を活かされていることと思いますが、何か大手とは違う「独自の路線を行こう」という意気込みがあったのでしょうか?

中村:住まい領域の事業を始める前に、自分達でリノベーション物件を1、2軒作ってみました。すると、自分達が想いを込めて作ったものが、なかなか既存の流通システムに乗らない現実に突き当たったのです。一般的な不動産メディアだと、検索システムによってどうしても築浅が重視されますから、築古はどんなに良い物件でもなかなか人目に触れにくいという問題が見えてきました。

——リノベーション物件が、購入者の検討の俎上にあがらない。

中村:そのままだと、住宅ストックの活用は進みません。そういった社会的課題にアプローチするためにも、『cowcamo』を始めたわけです。世の中には、素敵なリノベーション物件を作っている人はすでに沢山います。ただ、そのよさを理解し丁寧に紹介するメディアや仲介がなかった。だから自分たちで作った……という経緯です。

リノベーション住宅のオンラインマーケット『cowcamo』は、厳選された物件を豊富な写真と詳細な文章で紹介している。
リノベーション住宅のオンラインマーケット『cowcamo』は、厳選された物件を豊富な写真と詳細な文章で紹介している
『cowcamo』は、リノベーション物件のセレクトセンスに定評がある。
『cowcamo』は、リノベーション物件のセレクトセンスに定評がある。自信を持って住み手に薦められる物件だけを扱うのがその理由

——今回の募集職種は「住まい探しアドバイザー」も「エージェント」も仲介業ですね。『cowcamo』らしい仲介とは、どのようなものでしょうか?

中村:物件情報を提供するだけではなく、作り手と住み手の間に立って“暮らし”を考え、購入後も視野に入れたサポートをすることですね。リノベーション住宅は経年による味わいが加わった建物をベースに、内装に趣向を凝らした一点ものです。そしてもちろん、住み手にもそれぞれ個性がある。私たちにとって仲介は、その間をつなぐ仕事なのです。

——cowamo事業は、質の高い中古リノベーション住宅と住み手を結びつけることで、暮らしの風景を変える仕事。個々の住み手が見る風景が変われば、街も変わっていきそうですね。

中村:タイプごとに量産された新築マンションや、現状復帰させただけの賃貸マンションだけが住まいの選択肢になってしまうのは、もったいないのではないでしょうか。日本の建築家には隈研吾さんや安藤忠雄さんのように世界で評価される巨匠がいますよね。ところが一般の人が住む日本の住宅は“兎小屋”と形容されるなど、あまり評価されていない。そんな現状を変えてゆきたいのです。今回募集する「住まい探しアドバイザー」や「エージェント」は、日本の住まいの文化を成熟させ、街を変えていく先頭に立つ仕事だと思っています。

——とてもやりがいがありそうです。では、具体的に今回の求人はどんな人材を求めているのでしょう。

中村:ツクルバは、先にお伝えしたように不動産仲介業以外にもさまざまな事業を行っています。そういう会社ですから仲介業だからといって、仲介の専門性だけを求めているわけではありません。例えば建築と不動産業、ライフスタイルと不動産業など、中間領域に飛び込んで新しい視点で仕事ができるような人材が、フィットするのではないでしょうか。そして、我々が一般的な不動産事業と違うのは、テクノロジー部門があること。不動産のエージェント業務をテクノロジーの力でサポートしますので、僕らが作ろうとしている価値観に共感してくださる方なら、臆せず飛び込んでもらいたいですね。

パーカウンターのある開放的なオフィス。部署を超えて会話を交わすことで、新しいアイデアが湧いてくる。
オフィスの所在地は代官山。バーカウンターのある開放的なオフィス

住まいの選択肢を増やすことで、人々のライフスタイルを変える。大きな視点でいえば、それもツクルバが目指す“場作り”なのかもしれない。こういったビジョンを共有する人であれば、大きなやりがいが得られそうだ。

続いて、実際にcowcamo事業部で働く森勇貴さんと今野あかりさん、採用担当の今村美奈子さんに、働く側の実感や採用の詳細を伺った。

売買仲介は、仕事とプライベートの好循環が生まれる仕事

cowcamo事業部エージェントチーム リーダーの森勇貴さん
cowcamo事業部エージェントチーム リーダーの森勇貴さん

——森さんは『cowcamo』のエージェントチームで「エージェント」として、お仕事されているんですよね。『cowcamo』 で仲介の仕事をする醍醐味は、どんなところにあるのでしょう?

森勇貴さん(以下森):売買仲介の魅力は、お客さまの大きな決断に寄り添うことで信頼関係を築けることですね。今の日本では多くの人にとって、家を買う経験は1回か2回。お客さまはすごく不安で悩んだりすることも多いと思います。そこをちゃんとサポートすると、販売して終了という関係ではなくなる。その後も何か困ったときには、連絡をいただいたりしますよね。

エージェントの森さんがお客さまなと一緒に、悩み抜いて探した物件。黒板ペイントした壁がかわいいアクセント。
エージェントの森さんがお客さまと一緒に、悩み抜いて探した物件。黒板ペイントした壁にお子さまが描いた絵が、かわいいアクセント

——住まいに関してのカウンセラー的な存在になるのですね。

森:過去のお客さまの例をあげると、自分らしい部屋に住みたいと、あちこち探して迷われているご家族がいらっしゃいました。そこで一緒に悩んでいるうちに、結局リノベーション済みマンションではなく、ご自身で好きなようにリノベーションした方がよいのではないかという結論に至りました。その方針で物件を契約された結果、今の住まいにとても満足されているようで、お子さんと一緒に家の壁を塗られている写真を、メールで送ってくださったりもしました。

——それは嬉しいですね!

森:ひとつの契約ごとに、お客さまとの間に深いつながりが生まれます。普段は出会えないような人とも知り合える機会にも恵まれますよ。お客さまが店舗を経営されている方だったら、その後お店をたずねたりして、オフタイムの新しいコミュニティができあがることもあります。仕事を通してプライベートが充実して、そのプライベートが仕事に繋がるという好循環が生まれやすい仕事ですね。

フレキシブルな関わり方でもOK。暮らしを愛する仲間に!

cowcamo事業部の今村美奈子さん(左)と、今野あかりさん(右)
cowcamo事業部の今村美奈子さん(左)と、今野あかりさん(右)

——森さんは正社員の「エージェント」職ですが、今回のもうひとつの募集職種、「住まい探しアドバイザー」も仕事内容は同じでしょうか? 

今村美奈子さん(以下今村):「住まい探しアドバイザー」は、ツクルバでは新たに設ける職種です。cowcamoにきてくださるお客様の”半数以上”が、cowcamoをみて”はじめて”住宅購入を検討し始めた方です。そんなお客様に対して、実際に物件をご案内して、まだ言葉にならない理想の暮らし像を整理したり、お客様も気づいていない潜在的なニーズを掘り起こしつつ、住宅購入までの段取りの説明をしていただきます。

——かなり高いスキルが必要そうですが、仲介の経験者でないと勤まりませんか?

今村:不動産・住まい探し・ローンに関する知識や営業スキルがある方に合うお仕事ではあります。でも不動産仲介が未経験でも、暮らしや住まいの業界に居た方なら、活躍していただけると思っています。ご自身も「住まいや生活を楽しんでいる方」にぜひ仲間になって頂きいたいですね。

——こちらは社員の募集ではないのでしょうか。

今村:「住まい探しアドバイザー」は、業務委託/パート・契約社員等の様々な形態を想定しています。希望に応じて、時短や週2、3日勤務などの働き方もOKの、フレキシブルな勤務体制です。基本的には、直行直帰でオンラインでのレポートをしていただき、週1〜2週間に1回の頻度でオフィスに出勤していただく形態をイメージしています。対面での物件ご案内がメインのため、土日中心の仕事ですが、お住まいのエリアを活躍フィールドとして、子育てや別の活動との両立にもチャレンジしていただきたいですし、そういう方ならではの気づきも取り入れてcowcamoサービスが進化していけたら嬉しいと思っています。

——フリーランスで、住まいの仕事ができるのですね。 

今村:cowcamo事業部には、今でもさまざまな関わり方でお仕事されているメンバーが居ます。今隣にいるcowcamo事業部の今野あかりさんも、実は6歳と3歳、2人のお子さんのママです。

——まさに子育て真っ最中ですね。cowcamo事業部でのお仕事をするなかで、ワークライフバランスはいかがでしょうか。

今野あかりさん(以下今野):私は週5日、10〜16時の時短で働いています。子どもができてからブランクが6年あったので、実際に自分がどこまで子育てと仕事を両立できるのか不安があったのですが、今のところ両立できていますね。自分の仕事をきちんできていれば、子どもに熱が出たときに在宅勤務させていただくこともありますし、フレキシブルに対応していただけるので助かっています。

——職場の雰囲気はどうでしょうか。

今野:平均年齢が若くて、活気があるのがよいですね。皆さん勉強熱心でやる気にあふれているので、そういう雰囲気から刺激をもらえるタイプの人であれば、私のように年上でも子どもが居ても、楽しく働けると思います。私も子育てとは別に自分の軸を持てたことで、より生活が充実しました。

今村:(今野)あかりさんの“プロフェッショナル”で“おもてなし力”の高い仕事ぶりは、刺激になります。関わり方やリアルで接している時間は関係なく、『cowcamo』を愛して一緒に創ろうと思ってくださる方と働きたいですね。

暮らしや住まいへの意識の高いメンバー同士、関わり方や年齢に関係なく話がはずむ。
暮らしや住まいへの意識の高いメンバー同士、関わり方や年齢を超えて話がはずむ

取材を通して、『cowcamo』に関わる人がみな住まいを愛し、暮らしを楽しんでいることを感じた。今回募集の「エージェント」と「住まい探しアドバイザー」は、働き方や立場は違うが、どちらも住まいと人をつなぐ仕事だ。もしもあなたが、自由な発想で住まいの仕事に取り組んでみたいと思っているなら、きっとよい仲間ができると思う。新しい年に、一歩踏み出してみてはどうだろうか。

中村真広さんの考える、未来の場所・お金・時間

場所:昨今は働く際、場所に縛られなくなっているといわれます。その変化を実感する一方で、「どんな場を共有しているか」がより大切になってきていると思います。会社のアイデンティティを体現している場所がオフィスであり、その空気感を共有することで会社というコミュニティに輪郭がつくられていく。場所に縛られる必要はないけれど、そういうベースを持っていることは大切なのではないでしょうか。

時間:この時間だけと区切って取り組まなければならないような仕事は、つまらないと思うのです。仕事に対してのスイッチは常にオンの方が楽しい。何かを生み出すプロフェッショナルであれば、頭のCPUを占める割合は曜日や時間によって違っても、常に何%かは仕事のことを考えているものだと思います。

お金:何のために仕事をするのか?という目的の話だと思います。目先のお金にならない仕事だけど面白い!という体験は、皆さんも結構あるのではないでしょうか。こういうときは遠くを見えているから面白い。でもそれだけだと片手落ちです。「こういう世界を作りたい」と遠くの目的を設定してそのために走る仕事と、目の前の事務処理を何十枚もこなすという仕事。それらを繋ぐ視点を持てると世界が広がっていくはずです。仕事仲間も、遠くの目的を共有して走れる人と一緒に働きたいですね。

募集要項

求人に応募する 採用ページよりご応募ください
※ご質問・その他の欄に「未来働き方会議の記事をみて」と記載いただきますと、選考がスムーズになります。
企業名 株式会社ツクルバ
募集職種 不動産 売買仲介
(「エージェント」職、「住まい探しアドバイザー」職)
雇用形態・給与 ・エージェント(社員) 目安:年収300-550万円 能力・経験により応相談

・ 住まい探しアドバイザー(業務委託・パートアルバイト・契約社員) 時給1,500円相当 ~

仕事内容 リノベーション住宅営業・住まい選びのコンサルティング
オフィス拠点 東京都目黒区上目黒1-1-5 第二育良ビル2階
勤務時間 ・エージェント:10:00-19:00   週休2日/火・水
・住まい探しアドバイザー:10:00-19:00、10:00-16:00等、個別の事情のご相談にのります。1日あたりの勤務時間は問いませんが、1ヶ月の土日祝のうち、8割以上稼働可能な方にお願い致します。
求める人物像 ・ツクルバ・cowcamoのビジョンに共感して頂ける方・住まい、ライフスタイル提案、リノベーションに関心がある方

・対面コミュニケーションに自信がある方

・何かを作っていくフェーズにワクワクしてくださる方

・今不動産・住宅業界で働いている方

・やっぱり”住まい”の業界が好きと、ブランクがあって戻ってきたい方

・子育て中の方・ダブルワークにチャレンジしたい方

メッセージ cowcamoはリノベーション住宅の流通を促進するサービスです。
現在の日本ではまだ主流ではない「リノベーション住宅」という選択肢をスタンダードにすることで、新しい住まい・暮らしの在り方を提案すること、そして日本の経済を活性化し、社会全体を進化させることを目指しています。ご自身の暮らしや住まいも楽しんでいる方と一緒にサービスをつくっていきたいですね。ベンチャーならでは、フレキシブルな働き方もサポートします。
求人に応募する  採用ページよりご応募ください
※ご質問・その他の欄に「未来働き方会議の記事をみて」と記載いただきますと、選考がスムーズになります。